--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 
2015/09/30 (Wed) 21:56
ヴァイオリンの練習、豊作の日もあれば不作の日もあります。

調子が良かったり悪かったり、どんどん弾き進んでも中身がなかったり、またその逆も。

今日は12調の長音階をフラット回りで進めた後、エチュードをさらいました。

写真も動画もありません。

練習成果があったのかなかったのか?
ヴァイオリンと暮らす、ごく普通の一日でした。

明日から10月、収穫の季節。

これからもヴァイオリンが弾けますように。心地よい音楽を奏でることができますように。

〆¨)〆♪
指揮者の顔文字
 
 
スポンサーサイト
2015/09/29 (Tue) 20:43
新弦効果で練習意欲があがっております。
いろんなスケールに曲の練習、エチュードなど。あれもこれも思い出しながらの30分であります。

しかし、もともと物を片付けるのが苦手なところも起因して「結局、何が弾きたかったの?」ということに。

昔よく弾いたウォールファールトを弾けたことを今日の成果とします。
 
 
2015/09/28 (Mon) 19:51
新しい弦を張って、新鮮な音で練習でした。

全弦交換した日にカラオケ屋さんで弾きまくったお陰で初期消費をさほどせずとも、ちゃんとした音が鳴っているような感じであります。

これまで錆び付いたE線を使っていたことを思うと、言わずもがなかもしれません。
調子が良い日は曲の練習ということで、オスカー・リーディングの「コンチェルト」を久々におさらいであります。
 
 
2015/09/27 (Sun) 19:11
エヴァ・ピラッツィおそらく4回目ぐらいの弦交換に行ってまいりました。

行ってまいりました、と言うのは楽器屋さんで弦購入と同時に張り替えていただくことにしているからであります。
弦の張り方が原因で高価な弦を無駄にしたくなくて、エヴァ・ピラッツィに変えてからは楽器屋さんに丸投げしております。

前回がAとEの弦を7月に交換したので、前の弦はこの夏を乗りきってくれた盟友であります。
 
 
2015/09/26 (Sat) 19:47
皆様!ご声援を頂きましてありがとうございました。
大阪府の代表校として関西大会に出場し、堂々たる銀賞を獲得いたしました。
2004年、11年前のこの日確かに同じ会場の観客席にわたくしはおりました。

次の中学校に転勤したら、きっとマーチングバンドを指導することになるだろう。といった第六感が大阪市中央体育館の関西マーチングコンテストに足を向かせたのであります。

中学生たちが楽器を演奏するだけでなく、見事な隊列を組んで行進している。

自分にはこんなことが指導できるのだろうか?

第六感は的中してマーチングバンドがある学校へ。
紆余曲折の10年間。

今度は自分が同じ会場の客席ではなく、指揮者台におりました。

関係者の皆様、ありがとうございました。今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。
 
 
2015/09/21 (Mon) 17:03
長らく封印していた消音機をつけて練習でございます。
消音機は、はずした後で弓使いが荒くなるので、長いこと封印しておりました。

しかし背に腹は代えられない思いで、引っ張り出してきた「マイミュート」であります。
 
 
2015/09/19 (Sat) 23:59
シルバーウィークの大阪梅田へ、久しぶりに奥様とお買い物であります。

買ったズボンの裾あげの間、楽器屋さんへ。
ヴァイオリンは、よく見るとどれも少しずつ違っていて、見飽きることがありません。
ちょっと大袈裟ですが、美術館にいるようでした。
 
 
2015/09/18 (Fri) 23:59
久々のヴァイオリン練習でした。

ピチカートで左手を呼び戻し、解放弦デタシエで右手を呼び戻し、音階練習であります。
◆◆◆
70年前に失ったたくさんの命と引き換えに、平和の法律ができました。

今それが、変わろうとしているのかな?

それぞれのお立場もありましょうから、あまり多くは語りませんが。

ただ言えることは「私たちは平和を奏でる人でありたい」ということであります。
 
 
2015/09/17 (Thu) 15:18
おこがましくも指揮法を教えました。

「ごめんやけど、正解って、ないねん。それが一番難しいところやねんけど。」

クラス合唱で指揮者を志願する生徒たちはみんな、澄んだ目をしておりました。

大切なことは曲を始めて、終らせること。

次は自分と奏者とお客さんが納得すること。

自分だけでは空回りやし、自分と奏者では舞台だけの内輪受けで終わるから、背中にちゃんとお客さんを感じて。
出張の道中で見つけたポスター。
思わずパシャリと。
 
 
2015/09/16 (Wed) 22:13
スロースピードのローギア発進で、ヴァイオリンの練習を再開いたしました。

ダダ下がりのチューニング、固まった糸巻きに、錆びた弦。

練習は第3弦から始まるニ長調のスケールを中心に。
朝夕がちょっと涼しくなってまいりました。

公園の木の葉がオーケストラの弦セクションみたいに、いろんな茶色に染まってゆきます。

すぐにやって来る秋の備えをしなければ。
 
 
2015/09/15 (Tue) 21:38
ヴァイオリン初心者のブログの筈なのですが、最近脱線ぎみでございます。

働きながらの大人ヴァイオリン、オケにも何にも入らないでマイペースであります。亀さんの歩みのつもりで進めていたら、置物の歩みになってしまいました。

そのような中、素敵な動画を発見いたしました。このようなピアノ演奏は初めてであります。

音楽は言葉を越える。

ぜひぜひぜひぜひぜひぜひぜひぜひぜひぜひぜひぜひぜひぜひぜひぜひぜひぜひぜひぜひぜひぜひ

是非ともご覧ください!


 
 
2015/09/14 (Mon) 23:59
毎日お読みくださる、善意の皆々様。

御礼申しあげます。ありがとうございました。

当ブログ「ヴァイオリン駆け出しの練習記録」は開設より24ヵ月を迎えるに至りました。

これまでのご声援に感謝いたしますとともに、今後ともより一層のご指導ご鞭撻のほどをよろしくお願いもうしあげます。

ここ最近はヴァイオリンは二の次で、マーチングの記事が多くございました。
ヴァイオリンの記事を楽しみにしておられた方には大変申し訳ございませんでした。

あまりのマーチング熱に日毎の更新が滞る始末でしたが、素晴らしい経験をさせていただきました。
これからもたまにでいいので、覗いてやってください。

2年間にわたり、本当にありがとうございました。

2015年9月14日
「ヴァイオリン駆け出しの練習記録」
ヴァイツゼッカー
 
 
2015/09/13 (Sun) 23:59
ご声援いただいた皆様、誠にありがとうございました。

マーチングコンテスト、金賞受賞!
府の代表校として関西大会への出場が決定いたしました!

これでまた弾けなくなる。
これでまた青春ができる。
 
 
2015/09/12 (Sat) 23:59
9月12日
ようやく雨も上がり、お馴染みの練習場所に戻ってまいりました。
毛虫たちや雨に行く手を阻まれながらも、迎えたコンテスト前日であります。

音楽と動き、演奏と演技の細かいことには目を向けずに、ショウが「面白いか面白くないか」という視点で指導いたしました。

さて、明日どうなるか。
 
 
2015/09/11 (Fri) 23:59
9月11日
今週降り続いた雨と台風のせいで、マーチングバンドのくせに、室内で座奏であります。

翌日は、晴れるらしいのでこの日が大会までのラスト合奏であります。

歩きの練習だとできない暗譜の確認ができて良かった。
写真ではちゃんと見えませんが、E線が錆び付いております。

このところ湿度が高かったのに加えて、ケースを開けることが少なかったのであります。

またボウイングからじっくりと出直そう。

楽しむことを忘れずに。
 
 
2015/09/10 (Thu) 23:59
9月10日
マーチングの大会を目前に控えて、まるでヴァイオリンの練習ができておりません。

ちょっと前なら、例え1分間でも弾いたのに。

ヴァイオリンの練習が止まってしまうと、ブログの更新も止まってしまうのであります。
もともと亀さんの歩みだったのが、置物の歩みになっております。

錆び行くE線、緩むペグにつるっつるの弓、傾く駒。

ヴァイオリンもブログも、もっと張り切らなければ。
 
 
2015/09/09 (Wed) 23:59
9月9日
音楽教育のカテゴリー100件目の記事になります、これまでご声援いただき、ありがとうございました。

ちょうど2年ほど前、このブログを始めた頃は無かったカテゴリーだったのですが、やはり音楽教育に関わっていると、たくさんのドラマがあります。

今日の本番は大相撲の春場所でお馴染みの大阪府立体育館であります。
出演者やプログラムが決まる前から、司会者だけは決まっておりました。
どう言うわけか、わたくしであります(笑)

そして当日手渡されたのは、出演者が書かれた小さい紙と拡声器。
5日後に催されるマーチングコンテストのプレ発表会であります。
楽器を手にして2年半に満たないバンドキッズたちおよそ300人が集まって吹く叩くではもの足りず、行進しながら演奏いたします。

 
 
2015/09/08 (Tue) 23:59
9月8日
ブラジル発の肉料理、シュラスコ。
極々たまにご褒美で食べに行く大阪ミナミにあるお気に入りのお店がキタにもオープンしました。
贅沢メニューなのでしょっちゅうは近付けない、ハービス大阪。
同じビルに老舗のライブハウスであるビルボード大阪や大阪四季劇場がございます。

今日はここへまさかのご招待であります。最近三本目のウクレレを買ったという奥様からであります。
素敵なお誕生日でした。
もう、おっさんや(笑)
 
 
2015/09/07 (Mon) 23:59
音は空気の振動。
音楽は心の振動。

それでは何を振動させましょうか。
夢、憧れ、希望、勇気、愛情、崇高なものへの称賛。

楽譜も楽器も目的地ではなくて、乗り物なのかもしれない。
 
 
2015/09/06 (Sun) 20:29
いよいよ来週に迫ったマーチングバンドの大会。練習も大詰めに入ってまいりました。
しかし、いつもの場所が毛虫の大量発生によって立入禁止に。

やむなく練習場所難民になってしまいました。
急遽、場所を探して出かけます。
思い通りにならない現実に体を張ってぶつかり合います。

体長2㎝程の蛍光色の毛虫たちに、行く手を阻まれても。
キープ オン マーチング!
キープ オン ドリーミング!
 
 
2015/09/05 (Sat) 23:59
新しいバイオリン教本の最後の曲、オスカー・リーディングの「コンチェルト」。久々にこれをさらいました。
なかなかいい曲です。

均整のとれた形式、綺麗で躍動的な旋律そして何より、今の自分のスキルに合っております。

これを弾かない間、ハイポジションやシフティングを身に付けるべく音階練習などに励んでおりましたが、久々にファーストポジションのみで弾けるこの曲をさらってみて、変化が見られたようでした。
 
 
2015/09/04 (Fri) 23:59
今日の練習から、シフティングが基礎練習のルーティンワークに新しく加えられました。

ネットか本で追い風を背中に受けました。
「違うポジションで弾くことはヴァイオリン演奏の重要な技法のひとつです。」

これを読んでから、さらに左手の横滑りに加速がついたようです。

例えばD dur2オクターブの音階などはヴァイオリンならではの響きであります。
また、何の指でシフトチェンジするかなど、ヴァイオリンは本当に奥が深い。

新しい道がまた開けた感じであります。
 
 
2015/09/03 (Thu) 23:59
トヨタ、ソニー、ヤマハ、日立、パナソニック、数え上げればキリがありません。

小さな頃から高性能な日本製のものに囲まれて育ってまいりました。

そして舶来品に憧れた10代の頃、我が国の先輩方は真似事の天才だと思ったものでした。

しかし、いつ頃からでしょうか?

日本品質が巧妙に真似されるようになって、さらにはアジア産の偽物を小馬鹿にするような風潮が出てきたのは。

確かにそういった製品には滑稽なものもありますが、もともと我が国も何も持っておらず、模倣品や模造品からのスタートだったはず。

平仮名や片仮名も元来は中国製の漢字を模倣したまでです。

最近とくに「パクり」や「コピペ」といったワードが目に入ることが多いですが、その誕生の過程に模倣なきオリジンを認めてしまって良いのでしょうか。
《愛用のドイツ製のヴァイオリンに貼られたクレモナのラベル》
 
 
2015/09/02 (Wed) 23:59
芸事の修得は模倣から。

もともと何も持っていなかった訳ですから。

「それでは、そのままそっくり真似てごらんなさい。」

「鳩が何か落として行ったらしいよ、ふーん。」

みたいな営みが、驚くほど昔から続いてきたのではないでしょうか。

今日も若い皆様にお手本の合唱を聴かせながらTTPを説いておりました。

TTP、徹底的にパクれ!

もともと西洋の文化には縁遠い東洋の一番端っこで、西洋音楽をやろうと言うのですから。徹底的な模倣は必至であります。

自国の話芸でさえ口伝なのですから。

世界的なヴァイオリン教育法である「スズキメソード」は終始一貫してお手本を聴くことを強く唱えております。

わたくしはスズキメソードではありませんが、付録のCDを聴いたときに、子ども向けとは到底思えない質の高さを感じたものでした。

 
 
2015/09/01 (Tue) 23:59
「今でもヴァイオリン、やってるんですか?」

「はい、なんとか続けております。」
日本の縮図といわれる大阪の京橋で、20代の頃から付き合いのある音楽教師の方と音楽談義であります。

音楽大学で作曲を専攻されていた方だけに、さすが視野が広い。

たくさんの燃料を補給したような充実した時間。

「いやぁ、今は専門のトランペットよりも、大人からのヴァイオリンよりも、マーチング練習でテンポを出すためのウッドブロックを一番演奏しております。」
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。