--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 
2016/01/27 (Wed) 21:27
トランペットに明け暮れた高校3年生の時、やっぱり音楽を仕事にしたい、そのために音楽大学へ行きたい、と入門した師匠の最初のレッスンで言われたことはこうでした。
「これから練習を積んでどんどん上達するだろうけども、決して天狗になってはいけません。」

◆◆◆

今年に入って最初の大きなイベントは、師匠の退職祝賀会でした。1月は2日にも関わらず物凄い人数が集まりました。
1月のもう一つのイベントはグリーンコンサートであります。
今年で第44回を迎える大阪府立淀川工科高校吹奏楽部の定期演奏会であります。何度も日本一に輝いた伝統ある吹奏楽部。活躍する教え子たちは見違えるような成長を遂げておりました。
いつも驚かされるのは顧問の丸谷先生であります。
吹奏楽界において、こんなにも有名な指導者であるにもかかわらず、自身がマイクを握り、小さなお子様にも伝わるように楽曲解説を進めるのです。

選曲は「幸せなら手をたたこう」や「ふるさと」など一度は耳に覚えのある曲が並びます。

きっと、吹奏楽ファンならもっと難しい現代音楽でも耐えられるはずなのに・・・。
長い曲をするときの前置きは「舞台のすみっこの大きなチャイムが鳴ったら、曲はもうすぐ終わりの方だと思ってくださいね。」というものでした。

◆◆◆

「天狗になってはいけません」

人様に音楽を聴いてもらうのですから、謙虚に謙虚に争いなどを起こさず。師匠の教えを守るべく、誰に対しても腰低く振る舞ってまいりました。

しかし、それだけでは単なる「人当たりの良い低姿勢な優しい人」でしかありません。

かの丸谷先生のようにテレビやラジオにも出るようになっても、高い地位を持った人が子どもの目線にまで下がって演奏活動をなさる。

曲の解説ひとつにしても、ただただ親切な人の丁寧な説明と、計り知れない偉業を成した人の丁寧な説明ではまるで違います。そしてそれは音楽に表れます。

師匠が言いたかったことはこういうことだったのか。
教わったことを教えた子らが教えてくれた。
出会いに感謝であります。

 
 
スポンサーサイト
2016/01/01 (Fri) 17:25
元旦の報道番組では昨年の総まとめをやっておりました。
最後の最後で言っていたコメントがとても印象的でした。

「悪いニュースが去年も多かったという人が毎年おります。悪いニュースばかりが目立つのは、それが珍しい出来事だからです。もし珍しくなく日常的な出来事になってしまえば、それこそ大変なのです。」

◆◆◆

お読みになる善意の皆々様
新年明けましておめでとうございます。

昨年は大変お世話になりました。
秋ごろより毎日の投稿を控え、更新のペースがゆっくりになりました。
それでも常に覗いてくださる方々、忘年会や同窓会で「ブログ、応援してますよ」など声をかけてくださった方々。
お礼の言葉が尽きません。

皆々様との出会いと平和な日常に感謝しつつブログを続けてまいります。
今年もどうぞよろしくお願い申しあげます。
(昨年12/27指揮をさせていただいた本番より)

2016年1月1日
ヴァイツゼッカー
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。