--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 
2016/06/30 (Thu) 21:00
昭和という長い日曜日が平成という月曜の早朝を迎える頃、私はカセットテープで彼らに出会いました。

家族で幼い私だけがレコード針を触ることができなかったことが、この出会いのきっかけになったのかなと回想いたします。
家ではクラシック音楽以外は音楽と認められていなかったので、ウォークマンから流れる彼らの音楽が新鮮でなりませんでした。

中学校の吹奏楽部を引退してトランペットをフォークギターに持ち変えて、弾き歌いに明け暮れた日々。

コードと歌詞のみが書かれたソングブックを買って片っ端から歌いました。

ザ・ビートルズ来日50周年

私のポピュラー音楽のルーツであります。
以下にベスト10を。

1 オー!ダーリン
2 セクシィ・セディ
3 ハピネス イズ ア ウォームガン
4 アンド アイ ラヴ ハー
5 ペニー レーン
6 ノーホエア マン(ひとりぼっちのあいつ)
7 ストロベリーフィールズ フォーエバー
8 sgtペパーズロンリーハーツクラブバンド
9 アイソーハースタンディングゼア
10 レット イット ビー

いやぁ書ききれないですなぁ。
スポンサーサイト

 
 
 by クレモナ親父
ヴァイツゼッカーさん、こんにちは。

私もビートルズは相当好きで、大学のときはファンクラブに入っていました。来日50周年って知りませんでした。

しかし、通なリストですね!!以下リストに追加希望。

Something
And Your Bird Can Sing
Get Back
The Long and Winding Road
A Day in the Life
Things We Said Today

いやぁ、書き切れないですなぁ(笑)

2016/07/01 (Fri) 11:21 | 編集
クレモナ親父さんへ by ヴァイツゼッカー
クレモナ親父さん、早々のコメントありがとうございました。以前何かでビートルズのことを書いておられたので、コメントいただけてうれしいです。
書ききれないですよね。

クレモナさんの選曲もセンスが光りますね。
こちらからもメンバーにつき一曲ずつ追加いたします。
ノルウェーの森
ヒア カムズ ザ サン
オクトパス ガーデン
ブラックバード

いやぁまだまだお世話になりました。
2016/07/01 (Fri) 18:21
コメント投稿
名前
題名
mail
URL
pass
装飾
本文
非公開
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。